株価値上がりの実績・評判

株オンラインの推奨銘柄のうち、株価の上昇率が高かった銘柄の具体例です。日本株が対象です。株価が2倍、3倍に急騰(爆上げ)したケースもあります。しかし、あくまで一部抜粋です。すべての推奨銘柄が上昇する、なんてことは決してないです。

株オンラインの推奨銘柄(抜粋)

2022年

<2022年8月>
銘柄 推奨日始値
(日付)
推奨後高値
(日付)
株価上昇率と現株価
アイスタイル 295円
(2022年8月10日)
678円
(2022年8月22日)

PER:1,485.71倍
2.3倍
現在の株価→
<2022年4月>
銘柄 推奨日始値
(日付)
推奨後高値
(日付)
株価上昇率と現株価
Shinwa Wise Holdings 505円
(2022年4月27日)

PER:26.23倍
879円
(2022年6月9日)

PER:39.01倍
1.7倍
現在の株価→

2021年

<2021年11月>
銘柄 推奨日始値
(日付)
推奨後高値
(日付)
株価上昇率と現株価
マクロミル 855円
(2021年11月10日)

PER:12.48倍
1,265円
(2022年2月17日)

PER:17.58倍
1.4倍
現在の株価→
<2021年10月>
銘柄 推奨日始値
(日付)
推奨後高値
(日付)
株価上昇率と現株価
理経 243円
(2021年10月27日)

PER:53.13倍
460円
(2021年11月11日)

PER:71.06倍
1.8倍
現在の株価→
<2021年1月>
銘柄 推奨日始値
(日付)
推奨後高値
(日付)
株価上昇率と現株価
テックポイント 847円
(2021年1月27日)
1,639円
(2021年4月2日)
1.9倍
現在の株価→

2020年

<2020年11月>
銘柄 推奨日始値
(日付)
推奨後高値
(日付)
株価上昇率と現株価
JVCケンウッド
解説→
151円
(2020年11月4日)
213円
(2021年2月2日)
1.4倍
現在の株価→
<2020年10月>
銘柄 推奨日始値
(日付)
推奨後高値
(日付)
株価上昇率と現株価
日本アジアグループ
解説→
343円
(2020年10月28日)
1,363円
(2021年2月5日)

PER:222.86倍
3.9倍
現在の株価→
<2020年9月>
銘柄 推奨日始値
(日付)
推奨後高値
(日付)
株価上昇率と現株価
ジェクシード
解説→
174円
(2020年9月16日)
245円
(2020年11月26日)
1.4倍
現在の株価→
山王
解説→
1,007円
(2020年9月8日)

PER:25.30倍
1,538円
(2020年11月24日)

PER:18.46倍
1.5倍
現在の株価→
<2020年8月>
銘柄 推奨日始値
(日付)
推奨後高値
(日付)
株価上昇率と現株価
ミナトホールディングス
解説→
480円
(2020年8月26日)

PER:12.40倍
669円
(2020年9月10日)

PER:14.66倍
1.3倍
現在の株価→
ニッポン高度紙工業
解説→
1,300円
(2020年8月4日)

PER:20.26倍
3,570円
(2021年3月2日)

PER:21.77倍
2.7倍
現在の株価→
<2020年7月>
銘柄 推奨日始値
(日付)
推奨後高値
(日付)
株価上昇率と現株価
サンアスタリスク
解説→
1,209円
(2020年7月31日)
4,100円
(2020年9月2日)

PER:236.04倍
3.3倍
現在の株価→